感情を交えず出来事を描写することの難しさについて

出来事と感情を区別するのは、認知行動療法でやるコラム法・認知再構成法でも基本のひとつと理解している。それでいて、何年やってもこれが難しい。 何が難しいかって、出来事の記述が難しい。自動的に湧き上がる感情は遭遇した出来事と… 続きを読む 感情を交えず出来事を描写することの難しさについて

選択肢を増やして悪循環から意識を逸らす

私の過去は社会不安障害(SAD)特有の様々な悪循環で満ちていた と以前書いたが、社会不安障害の悪循環というやつは極めて強力である。 悪循環が生じたと気づく前に自動的に嵌っている。特定のトリガーに対する反応がひとつしかなく… 続きを読む 選択肢を増やして悪循環から意識を逸らす

思考と行動の循環の有無で判断する

私の過去は社会不安障害特有の様々な悪循環で満ちていた。今でも悪循環はある。以前は悪循環が流れは強力で、頑張ろうが努力しようが抜け出せないほどだったが、最近は流れの力は弱まり、適応的な循環に乗れることが多くなってきた。 電… 続きを読む 思考と行動の循環の有無で判断する

「自分のために誰かに頼むのが嫌いだ!」の思考記録

私は人に頼むという行為が嫌いである。 具体的に言うと、自分の事情のために誰かに「これをやってください」と頼むのが嫌いだ。人に何かを言うのはOKである。たとえば、上の立場の人に生意気なことを言うのは平気だったりする。意見を… 続きを読む 「自分のために誰かに頼むのが嫌いだ!」の思考記録

手に汗を感じたら

社会不安障害の症状までは行かないけど、手に汗を感じることは今でもある。 ちょっと前に銀行で並んでいたときも手に汗を感じたし、つい先週、電話をかけたときもそうだった。共通して待ち時間中に起こる。レジで順番を待つときとか。た… 続きを読む 手に汗を感じたら

このままでは何も貢献できない

プレゼンをすることになった大学の研究者からメールがきた。 似た分野のことをやっていて、前もって個人的に会いたいということだ。了承して会ってみることにした。 その人はスーさんという。 私が以前使ったのと同じフレームワークを… 続きを読む このままでは何も貢献できない