ハリー王子が公に語った精神的苦悩:精神の病、ナラティブ、スティグマと社会変革

先日(2017年4月16日)、英国のハリー王子がデイリー・テレグラフ紙とのインタビューにおいて自身が精神的な病に苦しんでいたことを語った。 30分におよぶインタビューは上記テレグラフ紙のリンク先で聞くことができる。インタ… 続きを読む ハリー王子が公に語った精神的苦悩:精神の病、ナラティブ、スティグマと社会変革

正常と異常の狭間で

「あなたは普通のまともな人です。性格とか、個性のうちで、せいぜいちょっとした不調でしょう。精神疾患などではありませんよ」 と言われるのは相変わらずだが、そう言われるときの自分の反応は以前とはすっかり変わった。

普通に精神疾患のお話ができるように

自分が抱く社会不安障害への考え方が変容してからは、一般の人が抱く社会不安障害についてのイメージってどうなんだろうと思うようになった。 きっと、ほとんどの人がそんな言葉自体知らないか、聞いたことがあっても、シャイな人達が病… 続きを読む 普通に精神疾患のお話ができるように

社会不安障害への一般的なイメージを変えていく

前回までの記事で自分と自分の病(社会不安障害)との関係を変えていったことを書いた。 社会不安障害であることには、良いこと(変えなくてもよい真面目である等の特性)も悪いこともあり、悪いことのほうは認知行動療法などで無害化し… 続きを読む 社会不安障害への一般的なイメージを変えていく

認知療法の効果

私のケースでは、認知療法は効果があったと思う。 考え方の癖に気がついて、そして社会不安障害についての認識を変えることで、それまで莫大な不安が生じていた場面でもちょっとの不安しか生じなくなった。