2011年10月~2012年3月 SSRIを飲み続ける


2012年3月までは、一日一回SSRIを服用し続ける毎日だった。

薬の飲み始めはかなりきつかった。Paraxetine 20 mgからはじめた。

疲れて、眠くて、おなかの調子が悪くなり、食欲もなくなり、便秘がちになり...

一週間それを我慢すると、副作用はほとんどなくなった。

しばらく経ち、随分と調子が良くなってきたことに気付いた。

まず、PMSの症状がぐっと軽くなった。以前は生理前にひどく憂鬱な気分になり、月に5日ほどは作業効率も落ちていたのに、それがほとんどなくなった。

学会発表の不安感も少なくなってきた。

なにしろ飲み続ければいいので楽なのだ。

副作用もなくなり、食欲も回復。なんでもおいしいわー。

せっかくだから認知行動療法も受けてみようかなとは思うものの、どうも重い腰が上がらない。忙しいしなあ。
セラピーとか、心理とかって、なんかオカルトっぽくないか。私はそんな偏見すらもっていた。

そんな折、発表を申し込んでいた国際学会から結果が来た。コングラチュレーションズ!から始まるあの文面。

2012年7月に北米で開催される大きな学会だ。

どうしたことか、こういうとき必ず起きていた不安が起こらない。

やれるような気がしてくる。

薬が効いているのかな。

ところが処方箋有効期間の6カ月が近づいてきた。もういちど一般医に行かなければSSRIが続けられない。