自己否定感と劣等感の違い

自己否定という言葉をブログで何度も使っていながら、しかもそれが私の不安の根源に関わっているにもかかわらず、一度もこの言葉が自分にとってどういう意味なのか定義したことがなかった。

自己否定。それは私にとって劣等感とは異なる。 “自己否定感と劣等感の違い” の続きを読む

成功体験を分析する

過去のうまくいかなかった社会的場面を認知行動療法的に分析していくことは大切だが、過去の成功体験、うまくいった社会的場面を分析して、なぜうまくいったのかを認識した上で、成功体験としてきちんと意識に植え付けることも大切だと思う。 “成功体験を分析する” の続きを読む

自分のためのカミングアウト

社会不安障害であることを周囲の人に伝えておくことについて過去に何度か書いてきたが、もちろん、それは人に言えば治るということではない。障害が障害でなくなるためには周囲の人々の理解が必要となることがある。病を抱えつつも生きやすくするための工夫のひとつでもある。 “自分のためのカミングアウト” の続きを読む

メールに一生懸命返信してしまう癖と向き合う

メールやメッセージを受信すると、うれしい、ありがたい、という気持ち以上に、どうもすぐに返信しなければならない気持ちになってしまったり、簡潔に書いてもいいのに長文の返信を書いてしまう癖がある。 “メールに一生懸命返信してしまう癖と向き合う” の続きを読む

病んだ自分を差別する自己と向き合う

いまだこの疾患に対する一般的な認識というものは無理解に満ちているように思う。そして私がそうであったのだが、社会不安障害を抱える当事者自身が自分の疾患に対して偏見を抱いてしまいがちではと思う。 “病んだ自分を差別する自己と向き合う” の続きを読む