認知再構成法

th = 728; google_ad_height = 90; //-->

生じた感情・思考を書き出し、別の方向から考えてみる。

私の場合の認知再構成は以下のように進行した(と思う)。

不安を生じさせる思考にはパターンがあることを学び、不安が生じるたびにどの思考パターン(認知の歪み)に相当するか考えてみるのを習慣とした。自分の感情・思考を思考パターン(認知の歪み)の種類の名でラベリングしてみるとそれだけでかなり楽になれた。

続けるうちに、自分が不安を感じる対象、つまり不安感情を生じさせるトリガーが明らかになってきた。また、自分の不安に形があること、自分の不安には特有の思考パターンがあり、その思考が不安を生じさせていることに気づいた。

トリガーと不安思考のループに陥らないため、あえて別の方向から思考してみることを習慣とした。そうすることで、ひとつの事象に対して多様な可能性を模索できるので、不安思考の牢獄から脱出できるようになった。

役に立たない思考パターン:認知の歪み

思考記録表:運転するのがこわい

思うことと反対のことを考えてみる習慣をつける

自分の感情を押し殺す癖と向き合う

SNSを利用した自助グループ的認知行動療法:#認知再評価