場面緘黙児保護者を狙うHSCビジネスの拡大に伴う注意喚起

場面緘黙症とHSC(敏感・繊細な子)を結びつける記事を検索したら、この一年以内に書かれたものがたくさん出てきたので、簡単に注意喚起しておきたいと思った。 傾向のひとつとして、それらのビジネスは場面緘黙児を育てる保護者によ… 続きを読む 場面緘黙児保護者を狙うHSCビジネスの拡大に伴う注意喚起

場面緘黙症の子が主人公の童話を読んで考えたこと

結末を読んでもハッピーエンドなのか、悲劇的結末なのか、明示されない小説がある。 After Zeroはそんな小説だった。 場面緘黙症の少女を主人公としたクリスティナ・コリンズ著の童話である。日本語翻訳版は出ていない。主人… 続きを読む 場面緘黙症の子が主人公の童話を読んで考えたこと

私が場面緘黙だったとき生じていた不安

私は子供の頃、学校で喋りたくても喋れなかった。 私の緘黙状態を見て、大人しく可愛く見せようとしてわざとやっていると考える大人もいたが、 標準的な感覚の人達は、 学校という場に対して不安があるのだろう、学校で関わる大人やク… 続きを読む 私が場面緘黙だったとき生じていた不安

場面緘黙症を発症した日のこと

幼稚園初日。その日、年少クラスで実施された活動はなんとフリータイムであった。そして私が場面緘黙症を発症したのはそのとき、つまりそれ以来話せなくなった。

イメージ修正再処理療法を自己実施する

小学校4年生のときのことだった。 放課後、同じクラスの友達ふたりが家に遊びに来た。しばらく遊んだ後、そのうちのひとりの家へ移動した。 「みんなでお料理しようよ」 そう言って、友達はレシピ本を出し、作る料理を決めた。その料… 続きを読む イメージ修正再処理療法を自己実施する

成功体験を分析する

過去のうまくいかなかった社会的場面を認知行動療法的に分析していくことは大切だが、過去の成功体験、うまくいった社会的場面を分析して、なぜうまくいったのかを認識した上で、成功体験としてきちんと意識に植え付けることも大切だと思… 続きを読む 成功体験を分析する

二段階のトラウマ:緘黙時代に形成された思考

認知行動療法のためにセラピストの扉を叩いてから一年になる。 セラピーは去年の前半だけ(7回)で卒業したのでもう受けていない。 認知行動療法は私の思考に潜む歪みやパターンを明るみに出していった。 そもそもなぜそんなに病むほ… 続きを読む 二段階のトラウマ:緘黙時代に形成された思考