「科学者のように仮説を検証しましょう」という認知行動療法の謳い文句は違うと思う

私は治療を受け始めた頃、認知行動療法とは自分の感じ方を客観的に検証していき客観的な結論に導くものだと思っていた。認知行動療法のセルフヘルプ本などにもそういうことは書いてある。「科学者のように客観的に検証していきましょう」… 続きを読む 「科学者のように仮説を検証しましょう」という認知行動療法の謳い文句は違うと思う

場面緘黙症の子が主人公の童話を読んで考えたこと

結末を読んでもハッピーエンドなのか、悲劇的結末なのか、明示されない小説がある。 After Zeroはそんな小説だった。 場面緘黙症の少女を主人公としたクリスティナ・コリンズ著の童話である。日本語翻訳版は出ていない。主人… 続きを読む 場面緘黙症の子が主人公の童話を読んで考えたこと

私が場面緘黙だったとき生じていた不安

私は子供の頃、学校で喋りたくても喋れなかった。 私の緘黙状態を見て、大人しく可愛く見せようとしてわざとやっていると考える大人もいたが、 標準的な感覚の人達は、 学校という場に対して不安があるのだろう、学校で関わる大人やク… 続きを読む 私が場面緘黙だったとき生じていた不安

感情を交えず出来事を描写することの難しさについて

出来事と感情を区別するのは、認知行動療法でやるコラム法・認知再構成法でも基本のひとつと理解している。それでいて、何年やってもこれが難しい。 何が難しいかって、出来事の記述が難しい。自動的に湧き上がる感情は遭遇した出来事と… 続きを読む 感情を交えず出来事を描写することの難しさについて

「自分を晒すのが怖い」:社会不安障害の中核と否定的自己イメージへのエクスポージャー

社会不安障害(SAD)の中核には他人に悪く評価されることへの多大なる恐怖があります。 というのがSADについて書かれた文章に頻繁に登場する説明だが、私はこの説明にどうも共感できない。 まず、私は他人が私を悪く評価していな… 続きを読む 「自分を晒すのが怖い」:社会不安障害の中核と否定的自己イメージへのエクスポージャー

選択肢を増やして悪循環から意識を逸らす

私の過去は社会不安障害(SAD)特有の様々な悪循環で満ちていた と以前書いたが、社会不安障害の悪循環というやつは極めて強力である。 悪循環が生じたと気づく前に自動的に嵌っている。特定のトリガーに対する反応がひとつしかなく… 続きを読む 選択肢を増やして悪循環から意識を逸らす

子供も実践できるマインドフルネス瞑想

 子供が家庭でやれるマインドフルネスエクササイズという記事を読み、エレベーターを降りていく瞑想などは、子供も楽しくボディスキャンができそうだと思ったので、以下に要約しておく。 記事を書いたのはヨガインストラクターである … 続きを読む 子供も実践できるマインドフルネス瞑想

思考と行動の循環の有無で判断する

私の過去は社会不安障害特有の様々な悪循環で満ちていた。今でも悪循環はある。以前は悪循環が流れは強力で、頑張ろうが努力しようが抜け出せないほどだったが、最近は流れの力は弱まり、適応的な循環に乗れることが多くなってきた。 電… 続きを読む 思考と行動の循環の有無で判断する

障害の縛りから解放され得意なことを発揮できる

プレゼンをやろうとすると不安発作を起こし再起不能と化す。という段階から始まった治療だが、今では「プレゼンがお上手ですね、秘訣は何ですか」 と聞かれる状態にまで回復している。 もちろん、楽にこなしているわけではない。何の苦… 続きを読む 障害の縛りから解放され得意なことを発揮できる

「自分のために誰かに頼むのが嫌いだ!」の思考記録

私は人に頼むという行為が嫌いである。 具体的に言うと、自分の事情のために誰かに「これをやってください」と頼むのが嫌いだ。人に何かを言うのはOKである。たとえば、上の立場の人に生意気なことを言うのは平気だったりする。意見を… 続きを読む 「自分のために誰かに頼むのが嫌いだ!」の思考記録